植田圭輔のブログ


by Keisuke-Ueda

幕末の主役は…


まいど♪


舞台『幕末太陽伝』が終わり


一夜明けました。


本当にあっという間でした。


僕は『うばクラ』と稽古を掛け持ちだったので


幕末の稽古にはそれほど多く参加できませんでした。


そんな僕を暖かく迎え入れてくれて、


色んな事を教えてくれたこのカンパニーに本当に感謝です。


ダンスも殺陣も本間にギリギリだったので


正直むちゃくちゃ不安でした。


夜中に家の前で真島公平さんからいただいた木刀を


振り回したり


踊ったり


泊まり込みでセリフ覚えに付き合ってもらったり


僕1人じゃ“鷺沢碧”を演じきる事ができませんでした


みんながいたから、碧になれた♪


鶴見知大君は稽古中いつも僕のそばに居てくれて、


色んな話したりセリフ覚え付き合ってくれたり


カーテンコールで言ってたみたいに、本当の弟みたいに可愛がってくれました。


知君は駿輔そのものなんですよ♪♪


他のキャストのみなさんにも、ここには書ききれないくらい助けていただきました。


久々に泣いちゃったよ(笑)


でもカーテンコールは我慢しました!


自分に「泣くな!」


て言い聞かしてたんで☆彡


一君(矢ヶ崎一樹君)が号泣やったし♪


泣いてしまった理由は、このカンパニーが大好きやったていう理由と、


「うばクラ」「幕末太陽伝」連続でやり終えれた事に緊張の糸が切れ


ずっと僕の面倒を見てくれているマネージャーさんの顔見た瞬間


涙腺が崩壊したわけです(笑)


改めまして、ご来場いただいたみなさん、


スタッフさん、キャストのみなさん


本当にありがとうございました。




“幕末の主役は誰でもありません


その時代を生き抜いた人達なんです”


太陽はどんなことがあっても東からのぼる


太陽は揺るぎないんです。


太陽に見守られながら、僕も自分の志をRUN&RUNします♪


ほな植ちゃんでした♪


ありがとう鷺沢碧

c0127581_1331381.jpg

[PR]
by Keisuke-Ueda | 2009-02-02 22:25